ワキガについて

ワキガの臭いには三つの臭いがあります。硫黄臭とスパイシー臭、そして脂肪酸臭です。mobile01_l

 
それらの原因は脇の下にあるアポクリン汗腺から出る汗と時間が経つにつれて増えてしまう雑菌だといわれています。なので、汗をかいた場合にはできるだけすぐに汗を拭き取って着替えるといいということです。

 
汗をかくにはふたつの汗腺があるのですが、ひとつかエクリン汗腺というものともうひとつがアポクリン汗腺というものです。皮脂腺にも違いがあることを知っておくといいです。

 
ワキガの人の特徴は耳垢が湿っている、両親のどちらかがそうである場合、服や下着の脇の下が黄色くなるなどのものがあります。とくに両親のどちらかがワキガである場合、約50%の人が遺伝してしまう可能性もあるのです。またごくまれにですが、耳垢が乾いているのに脇の下が臭うという人もいます。
もしも自分の脇の下が臭っているような気がしたら、専門の医師のカウンセリングを受けてみるといいです。そのとき、治療方法をどのように行うのか、またどの程度の臭いなのかを確認することができるので、対処の仕方がわかることがあります。アドバイスをもらえるので、自分なりに対処することもできますし、手術をするきっかけにもなります。

コメントは受け付けていません。